更新日 3月22日

  1. featured
  2. 5 view

森本です。
またまた冬に逆戻りしてしまいました・・・。残念です。

これはMINIの下廻りです。タイヤを外してフェンダー内も含めた洗浄が終了した所です。車検ではありませんが、当社では在庫車が入庫したらまずこれをし てから点検に入ります。だから当社の在庫車は外観だけでなく下もぜひ見てください(笑)

知る人ぞ知るエンジンオイル。
アッシュのオイルはポリマーを含んでない数少ないエンジンオイルです。ポリマーとは増粘剤でオイルの粘度指数を上げるものです。オイルの固さを調整する為 に絶対に必要なポリマーは別に悪いものではなくエンジンオイルには本来は入っているものです。しかし、ポリマーは樹脂なので高温にさらされているうちに劣 化してくるとスラッジと呼ばれる不純物になります。100%スラッジになるといっていいです。スラッジはオイルだけでなくエンジン内の汚れでもあります が、オイル自ら汚れる物質がポリマーでもあるわけです。オイル交換をするとエンジンが軽くなったような静かになったような感覚があります。それは気のせい でなくポリマーが働いて粘度が保たれているからです。でもその感覚はポリマーの劣化と共に段々と消えていきます。 粘度が下がってシャバシャバ(?)に なってきているのです。ではポリマーを使っていないオイルはどうやって粘度を保っているのかというと粘度の違うベースオイルを組み合わせています。誤解が あるかも知れませんが誤魔化して作っていない分、かなり高価ではありますが本当の意味でロングライフでもあります。画像のアッシュオイル(ノーポリマー) はエンジン内の汚れで間違いなく劣化はするものの自ら汚れる物質がないので”オイル交換したて”の感覚がず~っと長続きするようです。そんなわけで森本自 ら使ってみてリポートしてみます。お楽しみに。

.

関連記事

ときめくふわふわロール

権力という越えられない壁にぶつかったとき。まいて、まいて、まいて、ふわふわに巻かれてしまうのが心地よいのは汚れた大人になってしまったからなのか?アンケ…

  • 78 view

See You The Beetle!

多くの方が愛したビートルは、2019年をもって80年の歴史に幕を引きます。クルマの永遠のデザインアイコンであるビートルですから、熱心なファンの心は大いに揺れて…

  • 34 view

KAROの取り扱いあります。

KAROは、フロアマットとしての実用性(車輌の床面を汚れから守る。車外からの音を吸音・遮断する。ドライビングの安全性を高め、快適にサポートする。等々)を重要視し、…

  • 12 view

森本です

フォレスターのタイミングベルト交換です。スバルの水平対向は数度経験があるのですが、さすがに国産部品は親切でベルト自体にアイマークがクランク、カムすべてに付いてますし、車…

  • 12 view

20年前に買って頂いたポルシェ

今から20年前に買って頂いたポルシェです。当時オーナーは21歳。普段の仕事に加え、新聞配達までしてお金を貯めて手に入れたポルシェは今では立派な中年にな…

  • 75 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。