ETC車載器の2022年問題と2030年問題

  1. featured
  2. 82 view

国土交通省、ITSサービス高度化機構、高速道路会社6社は、
電波法関連法令の改正により、
2022年12月1日以降に一部のETC車載器が
使用できなくなることを発表しています。
古いETCの場合、旧スプリアス認証なのか否かを
車載機本体や車載器管理番号で判別することができないため、
個別にメーカーへ問い合わせるか、
各社のHPで確認する必要があります。
新セキュリティ対応モデルを多数ご用意しています。
そろそろETCの買い替え時期かな?とお考えの方は、
お気軽にご相談ください。

.

関連記事

心を込めたサービス

長期に渡って弊社でメンテナンスしているとそのクルマのコンディションがとても気になります。久しぶりに再会すると、とても嬉しいものです。画像はメカニックがイン…

  • 7 view

週末です

浅田真央ちゃんの引退に涙した一週間。みなさま如何お過ごしですか?あまりのショックにへこたれましたが、なんとか立ち直ることが出来ました。真央ちゃんのこれ…

  • 5 view

サービス向上としてWi-Fiサービス

平素は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。いつも変わらないみなさまのご支援、心より感謝いたします。当店ではお客様へのサービスの一環としてWi-Fiサービ…

  • 46 view

森本です

寒くなってきました。半袖で自転車&徒歩通勤はもう無理です。AMG SL63です。525PSという化け物みたいなエンジンを積んだ車です。車検でお預かりしたのですが、当社…

  • 4 view

小林です

こちらはワイパーが動かないという修理依頼で入庫した、ベンツG500Ⅼです。まずはヒューズが切れていたので交換しましたが動きません。点検の為ワイパーモーターを外します…

  • 15 view

月中

昨日は定休日で体を休ませました。5月も月中になり、ます~頑張らないとですね。それにしても昨日と打って変わって気持ちのいい天気です。仕事も気持ちよく出来ますね。…

  • 5 view