ETC車載器の2022年問題と2030年問題

  1. featured
  2. 111 view

国土交通省、ITSサービス高度化機構、高速道路会社6社は、
電波法関連法令の改正により、
2022年12月1日以降に一部のETC車載器が
使用できなくなることを発表しています。
古いETCの場合、旧スプリアス認証なのか否かを
車載機本体や車載器管理番号で判別することができないため、
個別にメーカーへ問い合わせるか、
各社のHPで確認する必要があります。
新セキュリティ対応モデルを多数ご用意しています。
そろそろETCの買い替え時期かな?とお考えの方は、
お気軽にご相談ください。

.

関連記事

節分!

節分!なんだか今年の節分は、みんなで南南東を向いて、海苔巻にかぶりつくと厄払いができるようだ。本当に厄払いができたかは貴方次第。結果はその後・・…

  • 4 view

小林です

こちらは、お客様に購入して頂いたポルシェ 996 911 カレラ4Sです。ご希望によりライト廻りや室内灯をLEDランプに交換します。ヘッドライトを外しハイビーム、フ…

  • 237 view

お勧めのジャンプスターター

シンプルで使いやすくコンパクト設計でありながら抜群のパワーを瞬時に発揮するパワフルジャンプスターターNOCOジーニアスブーストジャンプスターターのご提案です。NOCO…

  • 13 view

小林です。

今回も、アウディA4のエンジン不調の点検、修理を紹介します。症状を確認するとアクセルペダルを踏んでも車が動かなく、何度かペダルを踏み直すと動き出しメーターには…

  • 10 view