思い出の993

  1. featured
  2. 69 view

最後の空冷911である993の最終製造年は1998年。
生産が終了して20年になります。
ポルシェ993はネオクラシックになりつつあり、
残念ながらこれからの価格の高騰は避けられないでしょうから
状態の良い993を手に入れることがますます難しくなるかもしれません。
只今正規ディーラー1996年モデル、
走行38,000キロの993ポーラシルバーを保存しています。
長い間、弊社でメンテナンスをし、
数名のオーナーに大切にして頂いた思い出の993です。
一人でも多くのポルシェ好きな方に見て頂きたいと思っています。
ハーム・ラガーイとトニー・ハッターがデザインしたこのクルマは、
911モデルの中でも個性豊かでコアな存在でありながら、
実用性が高く今でも変わらない高い信頼性を
多くの方に称賛されています。
1993〜1998年、生産台数68,029台
carrera2:46,923台、carrera4:14,114台、Turbo:5,978台、RS:1,014台、
ポルシェファンの方はどうぞお気軽に見に来てください。
引き続き大切に乗って頂ける方には維持の方法や価格も相談に乗ります。

 

.

関連記事

小林です

今回も、前回紹介したトゥーラン1.4Tsiの修理の続きです。画像は外した直後のピストンですが、トップリングとセカンドリングの間が一部にヒビがあり前回紹介したとう…

  • 5 view

梅雨入り

どんより曇りや雨の天気が続きそうです。気分が落ち込みそうなので一句。梅雨晴れや蜩鳴くと書く日記・・by正岡子規。梅雨の晴れ間に聞こえる虫の鳴き声や太陽…

  • 6 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら本日火曜日は定休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。…

  • 10 view

森本です

ポルシェのマカンです。冬用のホイールにTPMS(空気圧)センサーが装着されていないため、警告灯が点灯しています。夏用ホイールが純正でTPMS装着、冬用ホイールが社外…

  • 16 view

お盆の帰省の前にメンテナンスは如何?

真夏のロングランは想像以上に過酷です。渋滞による炎天下でのアイドリング、長時間のエアコンの使用によるバッテリーの疲労。クーラントやエアコンガスの不足など・…

  • 11 view

腐食・・・

ここ3,4年でサスペンションの折損の修理がやたら増えています。自分が入社した頃には目にした事さえありませんでした。ディーラーさんに聞くと自社の比ではないとの事(入庫台…

  • 8 view