森本です

  1. featured
  2. 6 view

W212ワゴンのリアの車高が上がったままという故障です。リアはエアサスが使われていてサスペンションアームに取り付けられているセンサーによって車高を調整しています。今回の場合はセンサーロッド(樹脂製)が画像のように折れてしまい、センサーが車高が下がっていると間違った反応をしてしまったようです。

ロッドだけ交換したかったのですが、単品供給がなくてセンサーアッセンブリー交換となりました。ロッドだけを外して溶解して肉盛りして修理するという熟練職人みたいなことをしたかったのですが。部品交換で直すのは自分は本来嫌いなんです。「チェンジニア」と呼ばれてしまうので。

今回の場合はロッドも鉄製の対策品になりましたので今後は折れるという事はないと思いますので、これはこれでヨシとします。

.

関連記事

小林です

今回は、プジョー307のタイミングベルト交換を行ったので紹介します。この車種の交換は初めてだったので作業方法を調べてから取りかかったのですがベルトの位置決めに専用工具…

  • 7 view

おはようございます。森本です。今週は3月中旬並みの気温が続くそうです。落雪などには勿論要注意ですが、凸凹路面によるスポイラー損傷に注意です。今日は森本のお勧め商品3連発で…

  • 5 view

東日本大震災から9年

2011年3月11日、東北地方を中心に未曾有の被害を引き起こした東日本大震災から9年。震災で犠牲となられた方々、そしてそのご家族の方々に改めてお悔み申し上げます。3.…

  • 8 view

ドライブレコーダーのご提案

最近、当店を初めてご利用されるお客様より、ドライブレコーダーの取付依頼を多数頂戴しております。事故やいたずら、あおり運転などの抑制にも役立つ事から近年ドライブレコーダ…

  • 12 view

ラスト2と言うかラスト1日

あっという間に一週間が過ぎました。そして、いよいよ月末。今日も張り切って在庫車の洗車からのスタート。洗車後しばらくしてからの雨😢ショック。なんだかんだと、…

  • 8 view