バッテリーの健康診断

  1. featured
  2. 62 view

JAFの統計によるとトラブルの上位を占めるのは、
バッテリー上がりによるエンジン始動不可だそうです。
市内などの渋滞が続く状態の中、
エンジン回転数が1000回転にも満たないアイドリング状態で
オーディオ、エアコン、ヘッドライト点灯などの負荷を掛けていると
エンジンの補記類であるオルタネーターからの発電が不十分になり
バッテリーから車輛側に常に電気が放電されてしまいます。
近年のバッテリーは、性能向上の他、リサイクルの関係上、
内部の電解液の状態が外部から判断出来ない密封式のバッテリーですので、
ご自分でのバッテリー状態を判断することが不可能になっています。
ですが、みなさまご安心ください。
最新鋭の診断機器を使い、
最短60秒でバッテリー診断を無料でおこないます。
バッテリーに不安をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

.

関連記事

森本です

在庫車の512Mは各部の清掃、整備中。今日はこの車について勉強してみます。テスタロッサ→512TR→512Mと継承されているわけですが、名前の「M」とはイタリア語のM…

  • 6 view

小林です

今回紹介するのは、ミニでお客様に依頼されたコムテックの前後2カメラタイプドライブレコーダーの取り付けです。フロントカメラを取り付けま…

  • 7 view

小林です

今回は、ジェッタ2、0FSIでメーター内にエンジンとEPSのチェックランプが点灯、故障の症状はエンジンの加速とミッションの変速不良でこれを点検し修理したので紹介します。…

  • 4 view

長尾です

今回はポルシェ!カイエンターボ!のローター交換とディスクパッド交換です。お客様が大切に乗られているお車、走行距離は12万キロまだまだ現役バリバリです。真っ赤なキャリパ…

  • 6 view

冬タイヤ販売のご案内

各タイヤメーカーより2019年モデルのスタットレスが発売されています。各タイヤメーカーから発売されている最新スタッドレスタイヤを始め、既に定番となっているモデ…

  • 8 view