森本です

  1. featured
  2. 37 view

W211の警告灯&エンジン不調です。他店で直した形跡がありましたがセカンドオピニオンで入庫。

エアマスと触媒の故障が入力されてました。が、それらは交換済みとのこと。そうすると、その故障が入力された原因を違う視点からみていきます。ここからはアナログです。インマニから生えるバキュームホース3本と、

インマニの継ぎ目3ヶ所からエア吸い。これによって上流にあるエアマス測定値と実際に入る空気が違ってしまい燃料が薄くなり失火(エンジン不調)。この年式の車のECUはエア吸いなんてわかりませんから、ECUはエアマスが故障と判断して警告灯を点灯させます。そして今度は燃料が薄いので触媒が破損しているかも!と判断して故障を残すわけです。

自動車の故障診断機は凄く進化してますが、テスターの結果だけで交換するパーツを判断すると痛い目に遭います。結局はテスター診断してアナログ診断もすることで早く確実な整備になります。

.

関連記事

営業に関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。2018年10月16日(火)~2018年10月17日(水)休業中にいただいた「お問い合わせ」につきまして…

  • 14 view

年末年始営業のご案内です

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。さて、誠に勝手ではこざいますが、弊社の年末年始営業につきまして下記の通り休業とさせていただきますので、ご案内…

  • 74 view

Classic 900

1980~1990年代を颯爽と走り抜けたSAAB900tuabo16sです。懐かしく思いを募らせる方も多いと思います。当時は好景気も手伝ってトレンドに敏感な方…

  • 42 view

HANDAです

2つの911 先日の9月11日 一つはアメリカ で多くの犠牲者を出したテロ事件。亡くなられた方には心よりおくやみしま す。もう一つの911、ポルシェファンなら言わずと知れ…

  • 12 view