世界の国民車

  1. featured
  2. 50 view

ドイツにとどまらず世界に輸出が始まったのが1947年。
燃費がよくて故障も少ないポルシェ博士が考案した大衆車は
小さくても安っぽくはなく、
ヨーロッパの知的センスを感じさせるものでした。
そして、
たとえ戦争で戦った相手であっても、
優秀な製品は受け入れるというアメリカの度量もあり、
私達のところにもビートルはとどきました。
そして世界の国民車という意識が芽生えたと思います。
そんな背景のあるビートルが只今メンテナンスでお越しです。
初輸出から70年。
これから先も見る者を楽しませてくれるクルマで
あり続けていてほしいと願っています。
週末です。
気象の変化で体調を崩されている方もいらっしゃるようです。
みなさまくれぐれもご自愛ください。

.

関連記事

HANDAです

年明け初めての 担当します。明けましておめ でとうございます、今年も素敵な出会いをお待ちしています。正月休みが終わ り一週間が経ちますが、毎日除雪で仕事になりません。おま…

  • 5 view

2台のVOLVOのメンテナンス

伝統的なスタイルと先進の安全技術が息づくボルボ。今日は2台のボルボが仲良く並んでメンテナンスを受けています。現在では3点式シートベルトを生み出した安全を象徴す…

  • 7 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら本日火曜日は定休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。…

  • 3 view

長尾です

ガヤルドの車検作業の続きです。今度はマフラーの触媒が無く、ストレートマフラーになっており爆音、これでは車検には合格しません…排気ガスも当然車検に適合する事もなく地球環境…

  • 9 view

ゴールデンウィークのスタートです

みなさま待ちにまったゴールデンウィークのスタートです。ドライブを計画されている方は安全運転で事故のない楽しい行楽をお楽しみください。人生は一度きり、家…

  • 7 view