コイルスプリングが折れてしまう症例

  1. featured
  2. 71 view

画像は、サスペンションのコイルスプリングが折れてしまった症例です。
車の保管状態や走行頻度、乗り方によりバラつきは生じますが、
国産車、輸入車問わず足回りパーツは定期的に交換が必要です。
サスペンション部品の交換時期の目安としては、
走行距離5万キロ以上、または新車登録から10年が経過。
乗り心地が悪くなった、異音がするなどと感じることがありましたら、
専門店でチェックしてもらいましょう。
当店では、サスペンションの純正パーツはもちろん。
リーズナブルな優良社外パーツも扱っております。
足回りが気になる方は、早めのリフレッシュをお勧めします。
みなさまが安全で快適なドライブを楽しんで頂けるよう願っております。

.

関連記事

クリーンディーゼル車用MOTUL DPF CLEAN

クリーンディーゼルエンジン用の洗浄剤をご紹介。モチュールDPFクリーンは特殊成分がディーゼル微粒子除去装置(DPF)のリジェネレーション時の燃焼温度を下げ、…

  • 190 view

BMWクリーンディーゼル

BMWのクリーンディーゼルです。流石はBMWが作ったディーゼルエンジン踏み込むととても気持ちの良い加速をします。高回転を楽しみたいのであればガソリン…

  • 106 view

緊急パンク修理キット発売しています

最近ではスペアタイヤを積載しないが常識になりつつあります。スペアタイヤレスの車両に、特にお勧めしたい緊急パンク修理キットのご提案です。パンク修理キットは、タイ…

  • 33 view

MINIが怒っている

こらぁ~~!本日お越しのMINIのボンネットを開けたところいきなり怒られてしまいました。でも安心して下さい。メンテナンス後にはきっと機嫌も直してくれて…

  • 51 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、本日火曜日と明日水曜日は休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致…

  • 20 view

寒くなりましたらクイックヒート添加剤

寒冷地向け添加剤、クイックヒート。車のエンジンクーラントの熱伝導率向上のために特別に開発した商品で、エンジン冷間始動中の温度を数分で暖めます。また冬場の始…

  • 51 view