森本です

  1. メンテナンス・工場
  2. 253 view

993ターボの白煙&オイル漏れ修理です。タービンを外して点検するとアウトレット側、インレット側、それぞれにオイルが付着していて濡れていました。

タービンはオーバーホールします。羽の欠けあり。これは交換です。

これはタービン内のヒートシールドと呼ばれる部品ですが、中央にカーボンがこびり付いています。焼けたフライパンみたいな感じです。オイルがタービン内部から外へ漏れて焼けている証拠です。

タービンは完全に分解され、洗浄して測定点検します。不良品は交換し、シール類はすべて交換。最後にこれです。

※再生ボタンを押すと動画がスタートします。

音量注意!

組みつけ後に専用のテスターを使ってタービンを回し、レーザーで回転バランスを点検。同時にオイル漏れの点検も行います。バランスは規定値以内に収まるようにアンバランス部分を削りながら修正されます。

タービンはオーバーホールによってほぼ新品になったので、トドメにこの秘密兵器を組みつけます。993ターボ用の対策オイルラインです。

左が純正。右がその秘密兵器です。

この乾電池のような部分がキモなのですが、これはオイルのワンウェイバルブで圧力がかかっている間しか流れない構造なのです。996以降のターボには標準でついていますが、なぜか993には付いていません。

エンジン始動から走行中はタービンにオイルを供給しますが、エンジン停止でオイルの供給をストップさせます。このバルブが無いと停止後にもダラダラとオイルがタービンへ流れ続け、タービン内にオイルがどんどん溜まってしまうのです。

今回の993ターボに限らずですが、白煙というのは何らかのトラブルを抱えています。始動時の白煙、アイドリング中の白煙、ブースト時に白煙など、当てはまる症状の方はすぐ持ってきてください。

おまけ

休日の鯉釣りです。 土砂降りでしたが森本は関係ありません。朝5時から昼までやりましたが、アタリ2回のみ。

連日の猛暑で水温が高すぎてボイリーは食ってくれませんでした。

.

関連記事

森本です

前々回のメルセデス用アンドロイドモニターの続きです。アンドロイドモニターにはバックカメラ用の電源配線と映像ケーブルが付属しているのでカメラを追加できます。上の…

  • 297 view

8月スタート

無事?7月も終了しました。気持ちを切り替え8月、頑張りますよ~札幌も、気持ち良く?暑い日の連日です。そんな暑い中メカニックは頑張っていますよ~車検、12検…

  • 11 view

小林です

こちらは、アウディ8JTTでアップシフト側のパドルシフトレバーが動かなくなったという故障修理です。これはよくある故障ですが、自分が作業するのは初めてです。…

  • 260 view

長尾です

ポルシェ993ドライブシャフトブーツ交換です。993からとてつもなく大変な作業になりました。左右交換するには1日程度の作業時間と交換後にアライメント調整が必要です。ほ…

  • 198 view

ぼちぼちタイヤ交換の時期ですね

ぼちぼちタイヤ交換の時期ですね。ジャパントレーディングではタイヤ交換スペシャルチームを結成しています。タイヤ交換時に行なうメニューはタイヤ空気圧の点検…

  • 58 view