マフラー内の凍結にご注意ください

  1. featured
  2. 67 view

燃焼が良好なエンジンは炭酸ガスと水蒸気を発生します。
寒冷地では必要以上のアイドリングや近距離走行を繰り返すことにより
マフラー内に溜まった水が凍り排気が出来なくなることで、
エンジン不調や始動が出来なくなる症例が発生します。

たまにはクルマ全体が暖まるまでしっかりと走りこんであげることも肝心です。
また、前下がりでの駐車ポジションは控えるように心がけてください。
何度もマフラー内の凍結でお悩みの方は、
凍結防止の対策を考案しますのでお気軽にご相談ください。

.

関連記事

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら本日火曜日と明日水曜日は休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。次回お…

  • 24 view

323?

323?何でしょう?3月23日、当社の設立月日です。昨日ですね。BMWの323にちなみました。39年前です。自分も髪がいっぱいあったころです(😢)そのころのB…

  • 15 view

営業に関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。2019年3月12日(火)~2019年3月13日(水)休業中にいただいた、お問い合わせにつきましては…

  • 13 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、本日火曜日は休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。…

  • 31 view

HANDAです

今日は朝早くよ り根室からMINIを乗った御客様が来店しました。車検でMINIを持って きてくれたのです。7年前に紹介で販 売させていただき、以降地元でも取れる車 検を…

  • 18 view

森本です

今週は厳しい寒さになるようです。ご注意ください。車検作業中のチェロキーです。マフラーが輝いて(?)見えますがこれは塗装したからです。 これからの季節はボディも下回り…

  • 11 view