クーラント濃度にご注意

  1. ひとりごと
  2. 214 view

一般的にクーラントと呼ばれるエンジンを冷却するための不凍液は
エンジンにとって非常に重要な役割を担っています。
エンジン内部に水を循環させてエンジンを冷却して
エンジンの損傷を防ぐのがクーラントの主な目的なのですが、
水道水をそのままラジエターに入れてしまうと
気温が氷点下まで下がった時、
エンジン内部で水が凍ってしまい
エンジンに重大な損傷を招く事になります。
例年、本州からやってきた車輌や
転勤で本州からやって来られたユーザーさんなどの車輌では、
凍結温度がマイナス10度程しか無い車輌が見受けられます。
クーラント濃度に不安な方はお気軽にお越しください。
無償で点検しております。
トラブルを未然に防ぐよう推奨しています。
今日も元気に営業中

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

.

関連記事

ポルシェから覗くBMW・M5

ポルシェから覗くBMW・M52台ともメンテナンスで入庫です。今シーズンの楽しい走りに感謝。そして、これからも頼もしく走ってくれよと、願いを込めてメ…

  • 24 view

GLCのご紹介

いよいよCクラスからSUV?画像はBENZ GLCです。都市の走りに絶大なる安心をもたらすであろうメルセデス最先端の知的安全装備をもち、短いオーバーハ…

  • 15 view

3月のスタートです

雪国ではお馴染みの屋根の雪下ろし風景です。かなり重労働ですが雪を下ろす時のズザザザ~~っていうのが快感です。なので屋根の雪下ろしは満更でもないのです。…

  • 10 view

古い付き合いのクルマ

このトヨタのRAV4は、14年前に新車で販売したクルマだ。今年もいつもと変わらずに、春の点検に入庫していただいた。私としては青年に成長した自分の子供の…

  • 26 view