クーラント濃度にご注意

  1. ひとりごと
  2. 66 view

一般的にクーラントと呼ばれるエンジンを冷却するための不凍液は
エンジンにとって非常に重要な役割を担っています。
エンジン内部に水を循環させてエンジンを冷却して
エンジンの損傷を防ぐのがクーラントの主な目的なのですが、
水道水をそのままラジエターに入れてしまうと
気温が氷点下まで下がった時、
エンジン内部で水が凍ってしまい
エンジンに重大な損傷を招く事になります。
例年、本州からやってきた車輌や
転勤で本州からやって来られたユーザーさんなどの車輌では、
凍結温度がマイナス10度程しか無い車輌が見受けられます。
クーラント濃度に不安な方はお気軽にお越しください。
無償で点検しております。
トラブルを未然に防ぐよう推奨しています。
今日も元気に営業中

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

.

関連記事

年末の大掃除!

今日は年末の大掃除!一年の感謝をこめて気合いを込めて掃除をします。床やガラスや天井や何から何まで一日を掛けて徹底的にやるのです。おっと・・モップでバラ…

  • 6 view

May2020の最終日

今朝の出勤中、青空にたなびく鯉のぼりを見ました。時季外れではありますが、外出自粛も解除され、気持ちよく空を泳ぐ鯉のぼりに、勇気をもらいました。新型…

  • 61 view

交通安全

私達は、交通安全を応援しています!!守ろう、安全。これ、白石警察署でもらいました。ファイターズも安全運転を応援しているようです。頑張れ僕らのファイター…

  • 5 view

メルセデスベンツG500L入庫

メルセデスベンツG500L入庫!進化をやめない究極のオフローダー、乗るすべての方にゆとりと安心を約束するゲレンデ・ヴァーゲン。2002年2月登録、走行…

  • 6 view

下取り車のGTI

昨日、長年に渡り当社を支えて頂いているオーナーに乗り換えをして頂きました。画像は下取りで頂いた6代目GOLF GTIです。スポーティかつシンプルなフォ…

  • 12 view