森本です

  1. featured
  2. 4 view

アウディA6の空調修理です。暑い日にエアコン作動させていても急に熱風が出てくる嫌な故障です。ヒーターバルブを使っているA6は昔からよくこの症状の故障が起こります。画像がヒーターバルブでデュアルエアコンなので二つ使っています。

熱せられたクーラントを室内に入れたり遮断させたりするバルブです。ヒーターを使う場合は全開になり、室内で冷房を使う場合は遮断させるのです。

分解すると小さなプランジャーが出てきます。

プランジャーの周囲に黒い汚れが付着していて、これが原因でバルブの開閉がスムーズにいかなくなるのです。ここを清掃すればほぼ完治します。汚れといっても頑固なもので耐水ペーパーで磨くので拭き取るだけの単純なものではありません(笑) これからの季節はエアコンをガンガン使うと思うので症状が出る前に予防として分解清掃しても良いかと思います。

🔷

🔷

🔷

おまけ

近所にある『ラム』さんのカレー弁当です。辛さを選び、四種類からカレーを選択し、ライスとナンを選ぶと本場インドの方が一つ一つ丁寧に作ってくれます。これで一個500円というのは安すぎです。

.

関連記事

小林です

こちらは、当社従業員のベンツ W211 E350 4MATICです。メーターに、ABSの警告表示そして、ESPの警告表示が出ていてトラクションコントロール、AB…

  • 7 view

H&RのETS

H&Rのエレクトロニックロアーリングシステムの紹介です。エアサスもしくはABCサスペンションを純正装着している欧州車をローダウンする事を目的に専用開発した製品…

  • 79 view

暑い北海道

先日の台風による大雨、すごかったですね。スマートフォンからの警告音が鳴りっぱなしでした。皆さんのお住いの地域は大丈夫でしたか?それにしても暑い日が続きますね。これから…

  • 6 view

小林です。

今回は、ベンツE350ですが昨日まで動いていたCDチェンジャーが今日になって動かなくなってしまっているので点検します。よく見ると、奥の方でカタカタと空回りしている音…

  • 10 view