森本です

  1. featured
  2. 5 view

おはようございます。森本です。

DSC_0249

先日、アウディA4オーナーの御客様とオイル添加剤の話になりました。森本は知らなかったのですが、最近では”オ〇ール”という商品が話題だという事。そして後日、御客様がなんと私に「使ってみて」と1台分をわざわざ持ってきてくれました。神です。これは増粘剤などの添加物を使用していない単なるエンジンオイルなのですが特殊な精製方法でオイルを極限まで濃縮したような商品です。添加剤という呼び名は間違っているかも知れません。特徴は画像のように糸を引きます。

DSC_0258

しつこいくらい言いますが、とにかく糸を引くんです(笑) ネバネバ系の添加剤は沢山ありますが、ほとんどネバネバというよりもベタベタした感じです。これは違います。ベタベタはせず、ヌルヌルしています。画像のように納豆のような感触です。先日、早速オイル交換をした際に使用してみました。エンジンに注入する時にいつまで経ってもネバネバした糸が切れず笑ってしまいました。 それでインプレですが、いつも使っている300Vも同時に交換したのですが明らかにアイドリングでのエンジン音は静かになりました。暖気後のアイドリングでの負圧(後付しているデジタル式負圧計での表示)もいつもの新油状態の300Vとは違います。負圧が変わっているということは気密が変化したという事。これはちょっと面白そうなので1000キロくらい走行後も維持するか試してみます。 添加剤は本来は必要ないものですが私の愛車のように相当年数が経っていたり距離が伸びている車には効果を発揮します。この添加剤に関しては後日レポートします。S様、ありがとうございました!

DSC_0242 (1)

これは別の車。車検で御預かりしたアウディです。B5、B6などの1.8Tは必ずココを見ます。例によってウォーターポンプが奥に入りこんでベルトがはみ出して見えます。これを放置するとクーラント漏れは当然ですがベルトの当たり不良でベルトの寿命が極端に縮みます。

DSC_0245

ウォーターポンプを外すとこんな感じになってます。プーリーが奥に入り込んでベースを削っていくのです。異音の原因にもなりますので交換以外はどうしようもありません。B6のアウディは特にココが壊れます。走行5万キロ以内でウォーターポンプがこうなった例を何台も見てきました。VW・AUDIの1.8Tは車載の冊子に「タイミングベルト18万毎交換」という記載があります。それを鵜呑みにして点検すらしていない車両が多いですが、実際にカバーを開けると凄いことになっている場合があります。車検、12検時に指摘されたら予防で交換しておいた方が絶対無難です。

おまけ

DSC_0237

下の子です。列車戦隊トッキュージャーにハマっているので上の姉に自分が手を出すとこの格好で本気で敵討ちしてきます。画像はポーズをとっているのではなく本気で怒っている状態です(笑)

.

関連記事

久々に気持ちのいい天気

今日は久々にいい天気ですね。気持ちよく仕事してますよ~。あまり上手くいってませんが😢上の写真のパーツ何だかわかりますか?今までにも何度か紹介させて頂いたト…

  • 4 view

更新日 1月25日

森本です。ここ数日で水廻り修理が続けざまに入庫してきました。シボレーアストロのオーバーヒート。原因は水漏れによるもので画像のウォーターポンプから盛大に水漏れがありまし…

  • 6 view

メンテナンスのお誘い

クルマのトラブルを未然に防ぐことを目的にした点検整備を只今リーズナブルにおこなっております。当店は北海道陸運局指定工場です。搬送車での引き取り納車、代車や…

  • 65 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら本日火曜日は、休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。…

  • 20 view

本日パートⅡ ラスト1週間

早いもので1月もラスト1週間となりました。という事は2017年も1ヶ月過ぎようとしているんですね(当たり前か)昨日は定休日で今日は先日からの雪の除雪でスタートです…

  • 16 view

森本です

最近の欧州車はターボエンジンが主流になってきています。大昔のように「ターボ=燃費悪」ではなく、ダウンサイジングターボもそうですが、エンジン制御が進化したおかげでパワーと…

  • 6 view