ターボの名は永遠です

  1. featured
  2. 106 view

1975年 ポルシェは、
パフォーマンスを向上させる手段としてターボチャージャーを導入しました。
レーシングカー以外では市販車として初めてのターボ搭載でした。
このポルシェ930ターボでの成功が、
新型ポルシェ911である992ターボへと今もなお続いています。
先日、ポルシェが新型タイカンについての質問に答えるという動画がありました。
なぜタイカンターボは電気自動車なのにターボという名前なのか?

回答は、ターボという言葉は実際にターボ搭載の車かどうかを示しているものではなく、
ポルシェがドライビングダイナミクスのパフォーマンスを約束するもので、
ポルシェにとってターボは、そのクルマがトップラインであり、
それと同時にポルシェにとってのヘリテージであるということを表しているとのことです。
ターボがついていなくてもターボと言い切る。凄いですね。
画像の二台のターボもしっかりメンテナンスをおこなって快調に走っております。
電気自動車にシフトしてもターボの名は永遠です。

.

関連記事

PORSCHE 911 carrera 4S

PORSCHE 911 carrera 4S売約済みになりました。最高出力320ps/6800rpm、最大トルク37.7kgm/4250rpm2003年4月登録、走行…

  • 69 view

お得な点検パック!

季節に応じたメンテナンスメニューと撥水洗車がセットになった、お得な点検パックのご案内です!気候や気温の変化はクルマにも影響します。いつも安心と一緒のカーラ…

  • 90 view

今日の工場

仕事は車検、車検に伴う重整備、他一般修理と色々なこる間たちが入庫中です。祭日のパーツの供給がうまくいきませんでした。おまけにやっと確保したパーツは誤品。森本君は定…

  • 38 view