クーラント濃度にご注意ください

  1. featured
  2. 62 view

一般的にクーラントと呼ばれるエンジンを冷却するための不凍液は
エンジンにとって非常に重要な役割を担っています。
エンジン内部に水を循環させてエンジンを冷却して
エンジンの損傷を防ぐのがクーラントの主な目的なのですが、
水道水をそのままラジエターに入れてしまうと
気温が氷点下まで下がった時、
エンジン内部で水が凍ってしまいエンジンに重大な損傷を招く事になります。
例年、転勤などで北海道に来られたユーザーさんなどの車輌では、
凍結温度がマイナス10度程しか無い車輌が多く見受けられます。
不安な方はお気軽にお越しください。
クーラント濃度を無償で点検しております。

.

関連記事

フィンランドデザイン展

昨日の北海道新聞夕刊より、当社のお客様がフィンランドデザイン展を開催していましたのでご紹介いたします。フィンランド独立100周年記念~織田憲嗣コレクション…

  • 43 view

12月のスタートです

クルマをピッカピカに磨きあげる月始めのルーティン中です。みなさん良い汗かいていますか?今日は小粒でサラサラした良い汗をかきました。おかげでスッキリ爽やかです。…

  • 12 view

クリーンディーゼル車用MOTUL DPF CLEAN

クリーンディーゼルエンジン用の洗浄剤をご紹介。モチュールDPFクリーンは特殊成分がディーゼル微粒子除去装置(DPF)のリジェネレーション時の燃焼温度を下げ、…

  • 171 view

ホイールの傷を見つけたら

サマーシーズンに装着していたアルミホイールの傷を見つけたら。使用しないウインターシーズン中に、アルミホイールを綺麗に修理しましょう。キズ・腐食・歪み・色褪…

  • 102 view

HANDAです

今日の 新しい出会いです。千歳より御来店頂きました。2005年トゥアレグです。車両下で打ち付けるような異音がし正常にスピードを上げられな いとの事で本日入庫しました。おお…

  • 35 view

森本です

森本です。天気が不安定な日が続いてますが今週も頑張っていきましょう!「エンジンからの異音の探求」はよくあるお客様からの依頼事項です。最近、音の探求で悩んだ車が画像のベ…

  • 14 view