クーラント濃度にご注意ください

  1. featured
  2. 64 view

一般的にクーラントと呼ばれるエンジンを冷却するための不凍液は
エンジンにとって非常に重要な役割を担っています。
エンジン内部に水を循環させてエンジンを冷却して
エンジンの損傷を防ぐのがクーラントの主な目的なのですが、
水道水をそのままラジエターに入れてしまうと
気温が氷点下まで下がった時、
エンジン内部で水が凍ってしまいエンジンに重大な損傷を招く事になります。
例年、転勤などで北海道に来られたユーザーさんなどの車輌では、
凍結温度がマイナス10度程しか無い車輌が多く見受けられます。
不安な方はお気軽にお越しください。
クーラント濃度を無償で点検しております。

.

関連記事

車のコーティングをスマホやナビ画面に

スマホやナビ画面へのコーティングをおこなっています。スマホキーパーは、厚みのあるガラス被膜を形成し生活傷から本体を守るコーティングです。非常に細かい粒子で…

  • 139 view

小林です

今回はボルボV70で、メーターにエンジンチェックランプが点灯の点検、修理を紹介します。テスターでフォルトメモリーを確認すると、カムシャフト調整機械的故障という内…

  • 23 view

クルマ選びはお任せ下さい

クルマの購入をお考えのみなさまクルマ選びはお任せください。誰が乗ってもベストなクルマというものは残念ながら存在しません。だからこそ他人が良いというクルマではな…

  • 57 view

323

トップページ、社長のフェイスブックなどでも出ていますが今日が当社の設立日です。37年が経ちました。自分は創業よりこの会社にお世話になっています。創業より1年半前位…

  • 14 view