小林です。

  1. featured
  2. 2 view

DSC_0125

今回は、3Cパサートの故障修理です。

運転席、助手席のパワーシートと、リア左右のパワーウインドウがスイッチを

操作して動かないという故障依頼を診断します。

DSC_0124

4ヵ所とも動かないのでまずヒューズを点検すると、室内のヒューズボックスに該当する

ヒューズは切れていません。

次にエンジンルームにあるヒューズボックスの該当する80アンペアの

ヒュージブルリンクが切れていました。

DSC_0122

ヒュージブルリンクを交換し各スイッチを何度押しても正常です。

次に各部に繋がる配線を点検していくと、

助手席側のパワーシートスイッチの電源線が画像の指で持っている

ところが焦げているのを発見。

DSC_0123

このシートレールの画像中央あたりにショートした跡がありこれが原因で、

電源線を修理しシートレールに擦らないよう養生して完治しました。

今回のは比較的症状が出やすかったのですが、

すぐ出ない車があって点検時間がかかる車が多いので早く修理できるよう

日々努力しています。

.

関連記事

森本です

アウディA6のラジエター交換です。ワーゲン&アウディはラジエターの取り外しに時間がかかります。設計した人間の性格を疑います。取り外せそうで外せないのです。この作業は…

  • 2 view

小林です

今回は当社で最近おすすめしている、モチュール フューエルシステムクリーンという燃料系統洗浄剤の紹介します。使い方は、燃料タンクに注入しガソリンを満タンにします。…

  • 1 view

森本です

おはようございます。森本です。今日は秋晴れだそうです!今週も張り切っていきましょう!!残念ながら塩カルの影響を受けている道内の車のほとんどは下回りに錆…

  • 0 view

小林です

こちらは、お客様よりメーターにクーラントレベル低下の警告表示出ているという事で入庫されたBMW M6カブリオレです。エンジン上部のカバーを外すと、ターボの冷却用ウォ…

  • 2 view

エンジン内部洗浄剤のご案内

各自動車メーカーは環境問題へ対応するため、エンジンオイルを長期に渡って使用するロングドレイン化を進めています。この流れはエンジンにとって、とても厳しいもの、…

  • 10 view