フェラーリ・スイッチ類の修復

  1. featured
  2. 65 view

フェラーリのスイッチ類の経年劣化によるベタつきは悩ましいものです。
大切に保管していても年数が経つと室内のスイッチ等がベタベタになってきます。
ご自分でベタつき除去をおこない、
誤ってスイッチ類のマークを剥がしてしまうことがあります。
お困りの方はお知らせください。
入手困難なパーツが多いフェラーリスイッチ類を元通り綺麗に修復します。
また、現在ベタベタでお悩みの方も相談に乗りますので、
お気軽にお問い合わせください!

.

関連記事

小林です

こちらは燃料漏れで入庫したフェラーリテスタロッサです。これは一大事なので早急に修理作業します。左右バンクのサージタンクとエアクリーナーケースを外さなければ見えない所…

  • 1163 view

小林です

今回紹介するのは、いつもお世話になっているお客様のW205AMG C63で依頼された作業です。H&Rのスポーツスプリングへ交換しました。同時にブレーキパッド…

  • 11 view

長尾です

今回は車検入庫のベンツ203系のウインカーレバー交換作業です。お客様からウインカーをあげてもすぐに戻ってしまうと言う事でした。これは単純にウインカーレバーの故障ですので…

  • 14 view

今日は、43期最終営業日になります

今日は、43期最終営業日になります。謹んで43年間に渡る皆様の温かいご支援に心より感謝申し上げます。弊社とお付き合いして頂いている皆様へのサービスの向上。…

  • 44 view

エンジン交換、その後。

奥に見えるのが降ろしたエンジンです。そして手前がNEWエンジン。漲るパワーとオーラを感じます。最近では珍しくなったエンジン交換ですが、クルマ好きの方は愛車…

  • 33 view