愛車たるもの

  1. ひとりごと
  2. 134 view

セルを回し火を入れるまでに何通りかの儀式が必要でさ、
やっとエンジンを始動しても、
オイルが暖まるまではシフトが入いらないだよ。
わぁははは。
オーナーでなければ愛車を機嫌よく走らせることができなかった時代。
愛車たるもの一心同体でしたね。
これからも愛車がある、
今しかできない経験をサポートしていきたいと思います。
今日も元気に営業中
みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

.

関連記事

マセラッティ関連パーツのご案内

知り合いのパーツショップさんよりマセラッティ グランツーリスモ用のタイヤ/ホイールとクライスジークマフラーのユーズドパーツが出たとのお知らせです。タイヤ/…

  • 4 view

今日もみなさまのもとへ

時計台の~ 下で逢って~~私の恋は~ はじまりました~だまってあなたに~ ついてくだけで~私はとても~ 幸せだった~~夢のような~ 恋のはじめ~忘…

  • 5 view

MINIが怒っている

こらぁ~~!本日お越しのMINIのボンネットを開けたところいきなり怒られてしまいました。でも安心して下さい。メンテナンス後にはきっと機嫌も直してくれて…

  • 9 view

車の運転は、ご注意。

師走のころではありますが、くれぐれもクルマの運転は、ゆとりを持って安全運転に徹しましょう。また、歩道に雪が降り積もり、歩行者が車道を歩く姿を見かけます…

  • 7 view

3月のフェラーリカレンダー

250 EURORAフェラーリ250ヨーロッパ・クーペは22台が生産されました。ピニンファリーナが18台のデザインをしましたが、残りの4台はデザイナー界の…

  • 3 view

ツール・ド・北海道2010

函館市をスタートし、道南、道央地区を舞台に総走行距離約650kmを5日間をかけて走る、日本最大の自転車ロードレース。ツール・ド・北海道・2010。北海…

  • 5 view