森本です

  1. featured
  2. 8 view

車検作業中のダッジラムです。基本的にトラックなのでリアは制動力が強くて自己倍力作用を持つドラムブレーキが一番なのです。しかし、ディスクブレーキと違って熱を逃がす事が難しい構造なのでホイールシリンダーの内部に使われているシール部分が年数と共に劣化していきます。最悪、画像の様にブレーキフルードが漏れてくることも珍しくありません。

 ディスクブレーキと違って残量の確認や不具合をすぐに見つけられないのもドラムブレーキの欠点です。このブレーキシューは割れていますが、これも熱によってライニングが硬化して起こる現象です。

ディスクもドラムも関係ないですが、ブレーキは車で最も重要な部分ですので異音やブレーキタッチなど何か不具合を感じたらすぐに点検することをお勧めします。

.

関連記事

本日で2017年業務終了

今日で2017年の業務が終了します。HANDAは最後の最後まであがきますよ。夜は一年の振返りですね。明日は大掃除です。自分は高い所と窓ガラスが担当です。結…

  • 5 view

中井です。

 4代目3シリーズE46も最終モデルで6年が経過して当社でも7万キロ超過の車輛が増えてきました。3回目の車検ともなれば消耗品の他、そこそこの劣化パーツがチラホラ出てき…

  • 4 view

札幌モーターショー

本日より第3回札幌モーターショーが開催されております。北海道のクルマに携わる者として自動車関連産業の発展と、北海道民の生活向上への一助となることを願い応援…

  • 12 view

小林です

今回は、一年点検でお預かりしたお客様のパサートで、オイル漏れによりタペットカバーのパッキンを交換したので紹介します。このエンジンのタペットカバーはインマニに隠されて…

  • 5 view

森本です

今日も朝から暑い札幌です。水分補給のため、裏の自販機で毎日のようにドリンクを飲みまくっています。1日5本くらい飲んでいるかも(笑)E46のリアショックです。見た目で抜…

  • 9 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。