サスペンションのリフレッシュ

  1. featured
  2. 98 view

サスペンションのコイルスプリングが折れてしまう症例です。
車の保管状態や走行頻度、乗り方によりバラつきは生じますが、
国産車、輸入車問わず、足回りパーツは定期的に交換が必要です。
サスペンション部品の交換時期の目安としては、
走行距離5万キロ以上、または
新車登録から10年が経過。
乗り心地が悪くなった、異音がするなどと感じることがありましたら、
専門店でチェックしてもらいましょう。
当店では、サスペンション純正パーツはもちろん。
リーズナブルな強化パーツも扱っております。
足回りが気になる方は、リフレッシュをお勧めします。
乗り心地も性能も改善して、
安全で快適なドライブを取り戻してください。

.

関連記事

思い出の993

最後の空冷911である993の最終製造年は1998年。生産が終了して20年になります。ポルシェ993はネオクラシックになりつつあり、残念ながらこれからの価…

  • 30 view

BMW X3 xDrive20i Msportあります

BMW X3 xDrive20i Msport売約済みになりました。2013年3月登録、走行32,500キロ、平成32年4月、カーボンブラックM、Mスポー…

  • 12 view

長尾です

先週、紹介したジャパトレ車検のこんな事‼これは、お客様が大切に乗られているM6の車検でのこんな事です。ブレーキキャリパーカッコいいですね。ですがブレーキダストで汚れて…

  • 2 view

自動車保険ことならお任せ下さい

当店は自動車保険の代理店です。自動車保険は種類も沢山でいまひとつ良くわからないなど、疑問やお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。自動車保険に必要なことをかみ砕…

  • 15 view

チャレンジ

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ、さらに地震や大雨にも負けず、さらにさらに、連日のタイヤ交換の多さにも負ぬ、まるで2台のチャレンジスト…

  • 6 view