中井です。

  1. featured
  2. 34 view

以前使用していたパソコンが壊れた時に

後付けハードに移しておいたデータが出てきましたんでその中から御紹介を

ベンツW210

エンジン回転数が高くて戻らない の不具合

DSC02009

メーター読みで2000回転弱から戻りません。

DSC02010

エンジンコンピューターに不具合の入力はゼロでした。

DSC02012

ライブデータを見るとスロットルの開度が少し高い模様。

(回転数が高いんで当然ですけど・・・)

色々なライブデータを見ていくと

DSC02014

エンジンコンピューターではアイドリング状態でアクセル開度を検知していました。

最近の車輌では当たり前ですがW210では前記モデルでは

アクセルペダルに繋がるケーブルはペダルからエンジンに直接繋がりますが

後期モデルではエンジンルームのモジュールに繋がっています。

この構造により、細かなコンピュータープログラムの組み込みが可能になる事と

なによりアクセルペダルの踏力の軽減のメリットが得られます。

DSC02017

で、アクセルケーブルを見ると遊びがずいぶんとあったので

ユニットの軸を手で動かしてやるとなにやら引っ掛かる感触があったのを確認した後

軸を元の位置まで戻してやると

今まであったケーブルの遊びが無くなりました。

ユニットの軸の動きが渋くて戻りきらなかった為、

エンジンコンピューターがアイドリング状態を走行中と判断していたようです。

DSC02018

アイドリングも規定の回転数まで下がり、

エンジンコンピューターもアイドリング状態を識別するようになりました。

修理から5年以上経ってるんで記憶が曖昧なのですが

部品が高価なのでオーナーさんの希望により軸に充分な給脂を行い

出庫して以後不具合はでなかったのを記憶しています。

ベンツなら2005年モデル辺りを境目にして

自動車に投入されている技術というものが大幅に進化して従来の修理、探求方法が段々と通用しなくなっていきました。

現在ではディーラーでしか出来ない修理などの幅が拡がってきて

会社でも四苦八苦して探求などを行っています。

DSC_0040

相変わらず入院中です。

首の静脈にこんな感じでカテーテルを挿入してここから採血や点滴を行います。

エアコンのサービスバルブみたいなものですな。

以前、ここから菌が入って熱が出てエライ目に遭いました。

 

.

関連記事

NEWティグアンRラインの納車

今日は新車のNEW Tiguan R-lineを納車します。オーナーは当社創業当時よりお付き合いをして頂いているお客様の御子息です。赤ん坊から少年・青年と成長…

  • 415 view

Wine&Dine Rintoさんに納車です

弊社のお客様がご自宅を利用してアットホームなカフェを新規OPENします。岩見沢方面にお住いの方は是非ご利用ください。〒068-0026 岩見沢市6条西9丁目9…

  • 1354 view

本日は定休日

いつもジャパントレーディングをご愛顧頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら本日火曜日は定休日となります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。…

  • 14 view

長尾です

今回は、車検整備で最も重要視されていますブレーキ関係について簡単に説明させて頂きます。みなさんが走って止まるという車の動作は特別なものには感じてはいないと思いますがとて…

  • 139 view

VOLVO V40 Cross Country T5 AWD…

VOLVO V40 Cross Country T5 AWD売約済みになりました。2015年2月登録、走行15,400キロ、車検新規、アイスホワイト、純正…

  • 12 view

年末年始営業日のご案内

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。さて、誠に勝手ではこざいますが、弊社の年末年始休業につきまして下記の通り休業とさせていただきますので、ご案内…

  • 104 view