マフラー内の凍結にご注意

  1. featured
  2. 1 view

燃焼が良好なエンジンは炭酸ガスと水蒸気を発生します。
寒冷地では必要以上のアイドリングや近距離走行を繰り返すことによりマフラー内に溜まった水が凍り、エンジン不調や始動が出来なくなる症例が発生します。
たまにはクルマ全体が暖まるまでしっかりと走りこんであげることも肝心です。
今日は4年に一度のうるう日である2月29日
いちにち得した気分で張り切って営業しております。
時勢に習い、
マスク着用でみなさまのご来店を心よりお待ちしておりま~す。

.

関連記事

小林です

こちらは、車検でお預かりのBMWF-10528ⅰです。法廷24ケ月点検項目に則り各部を点検しエンジンオイルの交換、ブレーキフルードの交換等の消耗品を交換します。テス…

  • 1 view

小林です

今回は、ベンツE320T4マチックでエアコンの冷房が効かないのと、足回りの異音の点検、修理をしたので紹介します。当初エアコンのガスの補充を依頼されたのですが、ガスは…

  • 1 view

コルベットのオーダー

長年に渡りアメリカンスポーツを愛用して頂いているオーナーに今回コルベットをご注文頂きました。我々を信用して任せて頂き、スタッフ一同心より感謝いたします。…

  • 2 view

新任挨拶

新任のご挨拶。みんさんこんにちは。今日から入社したNボックスと申します。どうぞよろしくお願いいたします。わたしは長く経理の勉強をしておりました。代…

  • 1 view

寒さに弱いHANDA

雨は上がりましたが寒いです。これからは、どんどん寒くなって来ます。HANDAは寒さに超弱いです。などと、くだらない事をほざいてはいれません。ラスト11日、あっ…

  • 2 view

HANDAです

8月も 無事終了しました。有難うございます。8月も多くの出会いが有り感謝しています。このページにて御礼申し上げます。そして9月が 始まり工場スタッフ一同、気を引き締め直し…

  • 1 view